回転しているから

地球自身がグルグルと回転していることを「自転」といいます。
もし、地球が自転していなかったら大変です。
太陽に向いている側はいつも昼で、反対側はずーっと
夜ってことになっちゃいます。
いや、それだけではありません。
太陽に向いている側は絶えず暖められて灼熱地獄に、
反対側は極寒の地になってしまうかもしれません。
地球が自転していてよかったです。
やっぱり暖めるときは電子レンジのように、
回転させて均等に暖めるのがいいのでしょう。

ところで地球ができた頃、自転は今よりずっと速かったそうです。
それが少しずつゆっくりになったといわれています。
要するにコマと一緒でだんだんゆっくりになっているのです。

ということは、いつか自転は止まってしまう訳です。
もっとも何十億年も先のお話ですが…
あ~ほどよい速さで回転している時に
地球に生まれてよかった~。


















 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社広報企画 All Rights Reserved
Road-Sense及びKagaku-engeiは当社の登録商標です。