科学演芸って、なに?

笑い、喜び、感動・・・そんな楽しいショーの中に、科学があります。
わかりやすい教育メッセージがあります。
“科学演芸”は、「科学」、「エンターテイメント」、「教育」の3つのコンセプトを
融合させたスペシャルプログラムです。

サイエンスステージショー”科学演芸”


科学普及事業‘科学演芸’はプロのアーティスト、タレント、芸人たちがその芸や演技の面白さや楽しさ、そして笑いなどを通じて科学する心、科学的なものの見方や原理を紹介する独創的なショーイベントとして1998年に名古屋市科学館で誕生しました。
その後、名古屋市科学館で毎年開催するとともに、2000年からは、岐阜県瑞浪市のサイエンスワールドと三重県・鈴鹿サーキットのソーラーカーレースのイメージイベントとして開催されるようになっています。
また、2002年5月にはアメリカ・ワシントン、スミソニアンで開催されたアジア・太平洋民族文化紹介月間で実行委員会より公式に招聘を受け、「科学演芸 パントマイムバージョン〜Ninjas as scientists〜」を公演し、スミソニアン国立自然史博物館館長より感謝状をいただくことができました。
2003年からは、静岡、福井、福島、秋田、埼玉で公演させていただくなど活動範囲も広がり、
科学演芸プロジェクトの活動が少しずつ理解されつつあります。

監修:NPO法人日本サイエンスサービス

主な公演実績
■愛知県/名古屋市科学館
     万博笹島サテライト
     津島勤労福祉会館
     ポートメッセなごや
■岐阜県/サイエンスワールド
     関市文化会館
■三重県/鈴鹿サーキット
■静岡県/浜岡ふれあい広場
■福島県/郡山市民文化センター
■秋田県/秋田市自然科学学習館
■埼玉県/越谷市科学技術体験センター
■福井県/敦賀市民文化センター
■石川県/いしかわ子ども交流センター
■アメリカ/スミソニアン国立自然史博物館  など


















 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社広報企画 All Rights Reserved
Road-Sense及びKagaku-engeiは当社の登録商標です。